AMANPURIの登録|口座開設マニュアル

AMANPURI(アマンプリ)の現物取引所オープンが延期になるも、AMALは上昇中

9月中の現物取引所オープンを目指していたAMANPURI(アマンプリ)ですが、正式にオープン延期が発表されました。このオープン延期のニュースを受けて取引所トークンAMALの価格は暴落かと思いきや、上昇を続けています。

AMANPURI(アマンプリ)とは? 関連仮想通貨取引所AMANPURI(アマンプリ)の特徴を解説

AMALは順調に上昇中

AMALチャート

Telegramでオープン延期が発表になった9/25は下髭が伸びていますが、その後のAMAL価格は順調に上昇しています。現在の価格が$0.39なので、IEO価格($0.12)の3倍以上、そしてAMANPURI(アマンプリ)の販売所価格($0.08)の5倍弱で取引が行われています。

通常は、このような予定していた事業の遅れなどのマイナスイメージのニュース後には価格が下落することが多いのですが、このAMALが上昇を続けているということは、とても大きな期待が寄せられているということではないでしょうか?

AMALは$0.08で買える

Bikiでの取引価格は$0.39ですが、AMANPURI(アマンプリ)の販売所では、まだ$0.08で購入することができます。販売枚数は5000万枚とのことなので、そろそろ売り切れるんではないかと思っています。

AMANPURI(アマンプリ)の販売所でAMALを購入した場合には、一度ロックされ、レバレッジ機能リリース後1ヶ月経過したところから10%ずつロックが解除されていくので、すぐには取引ができないデメリットもあります。

一方で、Bikiで購入した分はロックされないためにすぐに取引ができます。どちらにもメリット・デメリットがありますのでご注意ください。

 
登録|口座開設マニュアル 関連AMANPURI(アマンプリ)の登録|口座開設のマニュアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です