AMANPURIの登録|口座開設マニュアル

AMANPURI(アマンプリ)がアメリカでのMSBライセンスを取得し、AMAL価格も高騰!

仮想通貨取引所のAMANPURI(アマンプリ)がアメリカでのMSBライセンスを取得したと発表されました!

発表はTwitterで

AMANPURI(アマンプリ)の発表は、Telegramで行われることが通常ですが、このMSBライセンスの取得はTwitterで先に発表されました。

このTwitterでの発表の数分後にTelegramでは日本語に訳されたものが発表されました。

アマンプリはアメリカの正式なMoney Services Businesses(MSB)のライセンスを取得しました!
これにより対応した州のアメリカ合衆国民向けに正式にサービスの提供が可能となり、アマンプリがビジネスを展開出来る国、地域が広がりました。
安心、安全を最優先とした最先端の仮想通貨取引サービスを提供をします。
今後も成長を続けるアマンプリを見ていてください。
Registration date:10/16/2019
MSB Registration Number: 31000155552217
Registration Type: Initial Registration
Legal Name: AMANPURI US CO.,LTD

MSBライセンスとは?

MSB(Money Services Businesses)ライセンスは、アメリカにおいて仮想通貨の取引サービスを行うには必須(州によっては別ライセンス)のものです。

最近立ち上がったBinanceUSは、BinanceUS自体はMSBライセンスを取得していないのですが、BinanceUSとパートナーシップを結び運営を行うBAM Trading ServicesがMSBライセンスを取得しているので取引所のオープンができました。

また、リップルはMSBライセンスを取得していなかったため罰金を命じられたこともあります。

MEMO
カリフォルニア州に本拠を置くリップルラボの、トレードシステム「リップルトレード」を提供する完全子会社XRP II, Incに対し、マネーサービス業(MSB)未登録状態で為替交換事業を行ったとして銀行秘密法(BSA)違反で70万ドルの罰金を支払うことを命じた。

このことがあったためなのか、最近のリップルレポートにはMSBライセンスを取得したことが明記されています。

MSBライセンス取得を発表後、AMALが高騰


このMSBライセンス取得の発表後、AMAL価格は上がり続け、現在$0.67付近で取引されています。AMANPURI(アマンプリ)での販売価格が$0.08なので8倍を突破しています。

まだ$0.08で購入できます

Biki.comでは$0.67と高騰しているAMALですが、AMANPURI(アマンプリ)の販売所では、現物取引所のオープンまでは$0.08で購入できます。

参考 AMANPURI
注意
AMANPURI(アマンプリ)の販売所で購入したAMALはレバレッジ機能リリース後1ヶ月経過してから、10%ずつロック解除されます。すぐに取引はできません。

また、$0.08での販売は、5000万枚を売り切るか、現物取引所のオープン2019年11月15日21:00(GMT+9)のどちらかで終了となります。

登録|口座開設マニュアル 関連AMANPURI(アマンプリ)の登録|口座開設のマニュアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です