AMANPURIの登録|口座開設マニュアル

AMANPURI(アマンプリ)CEOのインタビューが公開

AMANPURIのCEOのインタビュー公開

AMANPURI(アマンプリ)CEOのインタビューが3部に渡る大長編で公開されました。

今回はインタビューの内容をかいつまんで紹介します。最初から全文をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

参考 AMANPURI CEO - 冨士原 功織 氏インタビュー 第1部 ーAMANPURI Exchangeではどのようなサービスを実現していくのか?TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) 参考 AMANPURI CEO - 冨士原 功織 氏インタビュー 第2部 ーMAM口座はユーザーにどのようなメリットをもたらすのか?TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト) 参考 AMANPURI CEO - 冨士原 功織 氏インタビュー 第3部TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)

第1部:AMANPURI設立の背景

インタビュー記事の第1部では、AMANPURIのCEOである冨士原氏がAMANPURIをつくった背景と、AMANPURIの特徴について語られています。取引所をつくった背景が表に出てくることはなかなかないので、個人的にはとても興味深く読みました。また、イベント時のAMANPURIブースの写真もありますのでぜひ見てみてください。余談ですが、CEOの冨士原さんはAMANPURI(アマンプリ)のボードを持った女性のボディーガードかと勘違いしてしまいそうな雰囲気で写っています。

参考 AMANPURI CEO - 冨士原 功織 氏インタビュー 第1部 ーAMANPURI Exchangeではどのようなサービスを実現していくのか?TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)

第2部:MAM口座のメリット

第2部では、他の取引所ではあまり見られないMAM口座や、取引所の運営方針について語られています。

他のMAM口座は資金も預ける必要がありますが、AMANPURIのMAM口座は資金は自分の口座に残したままプロトレーダーに資産運用を委託できます。わたしのようにトレードに自信のない方にはとてもおすすめできる機能です。

また、ここ2年ほどでたくさんの国産コインがCoinExchangeやSTEX、Mercatoxなど上場費用の安いところに上場し、今はほぼほぼ無価値になっていますが、上場方針についても

多くのアルトコインを上場させていく予定はありません。

ニーズがないものを取り扱っても意味はないですし、少なからずAMANPURIのユーザーに損失を与えることになりかねません。

と断言しています。

MAM口座も他通貨の上場方針についても、ユーザーファーストなのが伺えます。

参考 AMANPURI CEO - 冨士原 功織 氏インタビュー 第2部 ーMAM口座はユーザーにどのようなメリットをもたらすのか?TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)

第3部:世界No.1の取引所へ

最後となる第3部では、取引所トークンのAMALについて、SGDsについて、そして世界ナンバーワンをめざす意気込みについて語られています。

これまでもAMALを使って手数料が半額になることや10,000枚AMALを保有することで配当があることは、ホワイトペーパーなどにも明記されてきました。ですので、この第3部の見どころは世界No.1を目指す意気込みのところです。

参考 AMANPURI CEO - 冨士原 功織 氏インタビュー 第3部TOKEN ECONOMIST(トークンエコノミスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です