AMANPURIの登録|口座開設マニュアル

AMANPURI(アマンプリ)が2020年までのロードマップを公開

amanpuri

仮想通貨|暗号資産取引所のAMANPURIが2020年までのロードマップを公開しました。

ロードマップ(2020年1月11日公開)

2020年1月11日にロードマップが修正され、公開されました。

  • 2019年12月
    ・現物取引スタート、同時に10,000AMAL以上を保有するホルダーに配当開始
  • 2020年1月
    ・iOS & アンドロイドのAPPの開発完了しリリースを予定
     ※アンドロイド 2020年1月10日申請完了
     ※iOS 2020年1月20日頃申請予定
  • 2020年2月
    ・レバレッジ取引スタート
    ・プロフィットコンテスト等のイベントを開催
    ・目標:レバレッジ取引高1000BTC/24h達成
    ・コミュニティによるリスティング投票、重大な意思決定のための投票開始
  • 2020年3月
    ・MAMアカウント運用スタート
    ・クレジットカードにて入金をサポート
    ・MT5導入
    ・為替銘柄追加
  • 2020年4月
    ・プロフィットコンテスト等のイベントを開催
    ・OTCデスクを開設
    ・デビットカード提供開始
    ・目標:レバレッジ取引高15000BTC/24h達成
  • 2020年6月
    ・プロフィットコンテスト等のイベントを開催
    ・目標:レバレッジ取引高50000BTC/24h達成
  • 2020年7月
    ・現物取引取引ペア追加
     (LTC/BTC LTC/USDT EOS/USDT EOS/ETH AMAL/BTC)
  • 2020年8月
    ・現物取引取引ペア追加
     (XRP/ETH ADA/BTC ADA/ETH ADA/USDT)
  • 2020年10月
    ・SDGs支援スタート

2020年1月公開verの主な変更点

2020年1月11日に修正されたロードマップの主な変更点を紹介します。時期的に延期になったものと、新規事業として追加されたものがあります。

延期になったもの

では、よくない方の延期になったものから紹介します。

延期されたものは、12月に予定していたスマートフォンアプリのリリースと1月に予定していたレバレッジ取引スタート・AMAL/BTC取引スタートです。スマートフォンアプリとレバレッジ取引は、それぞれ1ヶ月延期され、AMAL/BTC取引スタートは2020年7月に延期されました。

スマートフォンアプリとレバレッジ取引スタートについては開発の遅れで延期とのことですが、AMAL/BTCに関してはコミュニティでも特に質問が無かったせいか、あまり触れられていません。ただ、技術的には難しいことではないと思われるため、戦略的に延期になったものと思われます。

また、スマートフォンアプリについては、アンドロイドはすでに申請が完了しており、iOSについても1月20日頃には申請予定と発表されたので、遅くとも2月中にはアプリが使えるようになるのではないでしょうか?

新たに追加された事業

スマートフォンアプリやレバレッジ取引が延期になった一方で、新たに追加された事業・前倒しで実施される事業があります。

2020年6月に予定していた為替銘柄追加が2020年3月に前倒しになり、さらに同時期にMT5が導入される予定です。また、為替銘柄もEUR/USD・GBP/USD・USD/JPY・EUR/JPY・GBP/JPYの5種類の予定でしたが、銘柄は発表されていないものの数十種類が追加になる予定になっています。

そして、もうひとつ追加になった事業は、2020年4月のデビットカード提供です。詳細についてはまだ発表されていませんが、決済ツールとして使えるようになるのではないでしょうか?楽しみです!

ロードマップ(2019年12月11日公開)

公式サポートサイトで公開されたロードマップは次のとおりです。

  • 2019年12月
    ・現物取引スタート、同時に10,000AMAL以上を保有するホルダーに配当開始
    ・iOS & アンドロイドのAPPの開発完了しリリースを予定
  • 2020年1月
    ・AMAL/BTC取引スタート
    ・レバレッジ取引スタート
    ・プロフィットコンテスト等のイベントを開催
    ・目標:レバレッジ取引高1000BTC/24h達成
  • 2020年2月
    ・コミュニティによるリスティング投票、重大な意思決定のための投票開始
  • 2020年3月
    ・MAMアカウント運用スタート
    ・クレジットカードにて入金をサポート
  • 2020年4月
    ・プロフィットコンテスト等のイベントを開催
    ・OTCデスクを開設        
    ・目標:レバレッジ取引高15000BTC/24h達成
  • 2020年6月
    ・レバレッジ取引に為替銘柄追加
     (EUR/USD GBP/USD USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY)
    ・プロフィットコンテスト等のイベントを開催
    ・目標:レバレッジ取引高50000BTC/24h達成
  • 2020年7月
    ・現物取引取引ペア追加
     (LTC/BTC LTC/USDT EOS/USDT EOS/ETH)
  • 2020年8月
    ・現物取引取引ペア追加
     (XRP/ETH ADA/BTC ADA/ETH ADA/USDT)
  • 2020年10月
    ・SDGs支援スタート

注目すべきポイント

とても盛り沢山なロードマップが公開されましたが、この中でも注目すべきところは、

  • 2019年12月:アプリリリース
  • 2020年3月:MAMアカウント運用スタート・クレジットカードにて入金をサポート
  • 2020年6月:レバレッジ取引に為替銘柄追加
あたりでしょうか。

これまでアプリの開発中の画面はSNSなどでも公表されていましたが、リリース予定が発表されるのは初ではないでしょうか?しかも今月というのはなかなか大きなニュースですね。

これまでに公表された画像の一部です。

また、MAMアカウントの運用も2020年3月スタートと、新機能が増えていくのは取引量が配当に直結するので注目したいポイントです。さらに、同時期にはクレジットカードでの入金がスタートと、ライトユーザー層にも使いやすい取引所になるんではないでしょうか?

そして、一番驚いたのがレバレッジ取引に為替銘柄追加です。たしかにAMANPURIのCEOは為替の取引所を運営していたとのことですが、仮想通貨|暗号資産取引所で為替もというのは、なかなか珍しいパターンではないでしょうか?AMALホルダーとしては、取引量がどんどん増えてくれるのは大歓迎です!

Bikiで最高値を更新

12月7日の現物取引所オープンから、BikiでのAMAL価格は上昇を続けています。現在は$1.34なので、販売価格の16.75倍になっています。ちなみに、この価格で10,000AMALを購入しようとすると、150万円近く必要になってしまいます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です